ピーリングはメリット・デメリットを考慮しクリニックかセルフかを選ぼう!

美白サイトのヘッダー画像

ピーリングとは

「ピーリング」とは、古い角質を取り除いて肌の新陳代謝を促す美容施術です。
シミやシワ、肌のくすみを改善する効果があり、ニキビ跡や肌の老化に悩まされている方にとって魅力的な施術として認識されています。

 

薬剤を肌に浸透させるだけで良いため、アイテムさえ揃えればセルフケアも可能ですが、美容クリニックに通って施術を受ける人は多いです。
はたしてクリニックで行う場合とセルフケアの場合、ピーリングにはどのような効果の違いが現れるのでしょうか?

 

今回はクリニックでのピーリングとセルフケアでのピーリングの違いを「メリット」「デメリット」の観点から解き明かしていきます。

 

メリットとデメリットを考える女性

 

クリニックでのピーリング

クリニックでピーリングを行うメリットは「安全性」にあり、デメリットは「費用」にありました。
それぞれ詳しく掘り下げていきましょう。

 

メリット

クリニックでピーリングを受ければ、安心安全の施術が期待できます。
ピーリングは全体として安全性が高いですが、肌質によって向き不向きがあります。
そのため、肌の状態によって使うべき薬剤を変更する、などの柔軟な対応ができるクリニックでの施術は安全性が高いのです。

デメリット

費用が高いという点にあります。
複数のクリニックを1回あたりの料金を算出した結果「5,000~9,000円」が平均値でした。
慣れてくるまでは2~3週間に1回を継続して6回前後行う必要があるため、ある程度まとまった予算を確保しておかなければいけません。

 

 

セルフケアでのピーリング

セルフケアでのメリットは「費用」にあり、デメリットは「もしもの際の対応」にありました。
それぞれ詳しく掘り下げていきましょう。

 

メリット

セルフケアのメリットは「安価で済ませられる」という点にあります。
市販のピーリング剤は高くても5,000円以下、安い場合だと1,000円以下に抑えられるほど値段が安いです。
ピーリングは継続が大切であるため、お手入れを長く続けたい人にはセルフケアが選ばれています。

デメリット

ピーリングに使う薬剤は肌に刺激が少なく安全な素材ばかりですが、体調や季節によって、稀に赤みやかぶれを引き起こす可能性があります。
クリニックで施術を受ければアフターケアとして相談できるかもしれませんが、セルフケアでのピーリングだとすぐに頼れる人を探すのは難しいです。

 

 

お肌の状況によって使い分ける

肌の状態を見極めよう

クリニックを利用する場合と、セルフケアでピーリングする場合では、どちらもメリット・デメリットがありました。
肌に合うかどうかはピーリング剤との相性によって変わるので、一概にどちらが良いとは言えません。

 

しかし大切なお肌を守るためには、かならず信頼できる専門家とのつながりを持っておくことが必要なのではないでしょうか。